忍者ブログ
風水を参考にして、家の形や間取りを考えただけでも運気は上がるでしょう。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

金運アップや恋愛運アップなどをしたいときに風水で建物の形、間取りについてどのように考えたらいのかをまとめてみました。
風水で部屋の間取りやインテリアなどでダメージから身を守ったりして運を呼び込もうと建物の形について考えたご経験はおありでしょうか。
風水で家の間取りを考えて決めるときに、特に気をつけていただきたいことがあります。
それは、鬼門(きもん)です。
鬼門とは鬼が出入りする方角とも言われ、古くから誰もが嫌う方角のことで、北東を指すそうです。
まず、鬼門である北東、南西に玄関やトイレ、お風呂を設置するのは避けましょう。
鬼門にある場所は、かならずきれいにしておくようにしましょう。

 家族の癒しの場でもあるリビングルームは、ゆっくりとくつろげる場所でなくてはいけません。
風水でよい家の形といわれる吉相の家は、まずへこんでいる部分がないことです。
そして、鬼門といわれる北東と南西がでっぱったりへこんだりしていないことが挙げられます。
このように、風水では建物の形がとても重要な意味を持っています。

・・・・


<スポンサードリンク>


PR

風水を参考にして、家の形や間取りを考えただけでも運気は上がるでしょう。
また、風水で部屋の間取りを考えた時に、前節で申し上げた「鬼門」に花を置いたり、ラッキーカラーの壁紙に変えたりするなどの対策をするのもいいです。



これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。

風水で厄を払うこととしても知られる盛り塩をしておくのもいいでしょう。
風水では、鬼門に水場を間取りしない方がいいと聞いたことがあるでしょう。
鬼門が変形していると、例えば雨が降ったときに屋根からの雨水の流れが悪くなります。
落ち着きたい、リラックスしたい場所というと寝室です。
寝室はどの方角にしても、それぞれ利点があるのですが風水でおすすめなのは北です。

 風水を参考にして、家の間取りを決めるときには運気を上げるためにも、なるべくなら避けたほうがいい間取りがありますので、覚えておくと役に立ちます。
なお、建物の形と同じように、周りにある建物もよく観察しましょう。

 それと、となりに大きな建物がある、大きな建物にはさまれている、そのような環境に家を建てるのは避けたいものです。風水では気の流れをよりスムーズに流れるようにすると運がよくなるといわれています。

・・・・

前節で触れましたが風水でよい家の形といわれる吉相の家は、まずへこんでいる部分がないことでしたね。
やはり部屋の間取りをするときも、でこぼこがないほうが決めやすいですよね。
ですから、むやみにへこみなどは作らない方がいいのです。

風水の間取りで鬼門についてもうすこし補足しますと、また、同じようによくない方角として裏鬼門と呼ばれる方角もあり、南西の方角を指します。
ですから、外からの邪悪なものから自分の家を守るためにも、北東から南西を結ぶ線上にあるものには気を配らなくてはいけません。

玄関は人の出入りが1番多いところでもあり、風水でいうと運の出入り口でもあります。
鬼門以外はそれほど気にしなくてもいいのですが、西側は避けるべきという説もあります。
風水では子供部屋の間取りの方角として、特に問題がないのは北、東、北東、東南といわれています。
まず北ですが、勉強部屋として最も適している方角です。受験を考えている子供さんには向いているでしょう。

・・・・


<スポンサードリンク>


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
<スポンサードリンク>
プロフィール
HN:
GENROQ
性別:
非公開
自己紹介:
風水を参考にして、家の間取りを決める
バーコード
Copyright ©   風水 間取り   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]